今日のサカタドッグスクール

アクセスカウンタ

zoom RSS ザ・トイレ〜第二章〜なぜ男の子は足を上げる?牡犬のトイレを考える!

<<   作成日時 : 2012/10/19 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ザ・トイレ〜第二章
〜なぜ男の子は足を上げる?牡犬のトイレを考える!」


画像M「学長さん、
男の子達がちゃんとトイレでしないモン…
足上げを注意してほしいモン…

学「分かったよ、
モニ。
みんなどうして足を上げるのかな?
上げなければちゃんとはみ出さずに出来るのに…。
人間なら上げたら笑われちゃうところだよ〜」
J「自然と無意識に、気が付くと足が上がっちゃってるんだ…最近特に…」
Z「ウホッ、強く格好良く見せるためにわざと上げてるよ!
オジサ…男の子だもん♪…6才だけど〜」
ケリー「我輩は上げたり上げなかったり…
どっちにしようか迷っているワイ
…」
トビー「んとんと…去勢してもらったから足を上げる気持ちにならないなぁ〜。
えとえと、縄張りって何?

学「みんなそれぞれ思いは違うんだねぇ…
それでは『牡と匂いとマーキングの世界』を覗いて見ようか♪」

@人には理解不能?「牡と匂いとマーキングの世界」
牡が牝よりトイレが面倒なのは、
時期が来ると足を上げてマーキングを始めるから
ですね。
通常は8〜10ヶ月頃から徐々に上げたり上げなかったりが始まり、
そのままほっておけば、しゃがんでシーツにしていたオシッコを
横に飛ばすようになります。
1回では出切らず(意識的に)、何回も場所を変えて自分の匂いをあちこちに
着けて、テリトリーを確認するように、拡げ分散させるようにオシッコをします。

ですから下に置いたトイレは役に立たなくなってしまい
(2kg以下の身体の小さい子は足を上げてもトイレの範囲内に収まる場合もあります)、トイレの後始末もとたんに大変になります。
匂いの世界に生きる犬達にとって
(ただあくまでも第一確認は視覚です。視覚で判断出来ない時、集中し嗅覚を研ぎ澄ますのです)、
牡犬のマーキングは必要不可欠で生活に密接に関係しているのですね。

A「足上げの度合いは、性格によって違う!そして将来をも垣間見得る!」
この足を上げる行為、その子の性格が大きく左右します。
大人しく優しく穏やかで、人や犬に対してどっちが上か下か?強いか弱いか?
(弱肉強食、自然界の生きとし生けるもの全てに、人間にもいえることでしょう)を気にしない固執しない、争いを好まない子は上げにくい、
或いは一生上げない子もいます。
また気の弱い子臆病な子等も、外では足を上げる勇気やテリトリーを争う自信がないので、マーキングする必要がないのです。


ですから逆に気の強い子は上げやすいか、必ず上げるようになる!
と言う事です。


野生の中では、捕食者に常に狙われる食物連鎖の下位の動物は、
川でオシッコを済ませ、自分の匂いを残さないようにしますね。

ただ注意したいのは5ヶ月前から足を上げる子(特に外で)とかは、
相当に強い性格に育つ可能性大で、トイレトレーニングどころか
反抗・威嚇・本咬みが始まるのはそう遅くはありません。
早ければ5〜7ヶ月位の内でしょうか。

僕なら一生飼ってあげられる子にする為に、
5ヶ月になったらすぐ訓練を開始したいものですね。

(5ヶ月前から足を上げ始めた超強い子達を、何頭も訓練してきてますから。
勿論5ヶ月になりすぐ訓練した子は、みんな良い子になっていますよ♪)
とにかく牡の中でも性格的に強めの子程、足を上げる年令が早く、
高く遠くに飛ばす傾向(後から来た犬が匂いを嗅いだ時、
オシッコの範囲が広く高い程、自分を大きくイメージさせやすいから)が
あるようです。

特に牡犬同士がサークルで隣り合わせになると、相手に負けじとばかりに、
相手に向かって何度もオシッコを飛ばします!
柵越しの無言の挑発であり、仮想の闘いが始まっているのでしょうね♪

気の弱い子は知らん顔をして挑発には乗らず、強い子はその逃げ腰を見て、
より強がりひとりでテンションを上げていきます。
ここら辺は野生の名残りなのでしょう、面白いです。

B「足上げ前のマーキングを防ぐ最良の対策!」
ただ足を上げるようになったら戻せないので、
足を上げない対策として最も効果的なのは
玉が降りたらすぐの「去勢!」
でしょう。
学校に入学の7ヶ月以上の男の子達は、実に8割以上は去勢済みで、
マーキング予防よりも「去勢をしたら良い子になるかも…」と、
訓練より先に試して見たお家が多いようです。
獣医師もいまだにそう言う方が多いようですが、
皆さん「何にも変わりません〜」と口を揃えます。

本当に強い性格の子は去勢をしても強い性格はなんら変わりません。
それよりも去勢をするタイムラグが勿体無く、その間に本咬み・攻撃が
急加速するので、迷う事なく訓練が先!
(5ヶ月からですよ!)

トイレは万が一出来なくても痛くなく怪我をせず飼ってあげられますが、
本咬みがエスカレートすれば、いつ咬まれるか分からない怖さ不安…
咬まれた時の痛さショック…それが頻繁になり可愛いどころか、
手放す事を真剣に考えなくてはならない苦痛…
そのようなお家を数え切れない程見てきました!
(僕が訓練した子ではありません!
相談されてくる、もう手遅れのお家や関係者からのお話です)
しかし普通の性格であれば、去勢をしてから6〜7ヶ月位で学校に入学も悪くはないでしょう。
去勢済みのワン生徒を見ていると、足上げの前に去勢済みの子は
ほとんど上げません。
その子が10ヶ月〜1才になってもしゃがんでしています。
足上げが始まってすぐに去勢した子は、上げはするがあまり遠くには
飛ばさない、やや控え目な感じです。少しの強さならここらへんは一緒です。


因みに去勢のメリットとして、「発情期の牝犬に興奮しない」
「その牝犬を巡って他の牡犬と喧嘩しない(牝犬が関わらない喧嘩はします)」
「前立腺の病気にならない(ただ人よりは遥かに少ないですが…)」
「早期の去勢は性格に、本当にほんの少しだけ、穏やかになる
という
プラス面がある。
強さや本咬みは変わらず。良い子に変えるのはしつけと訓練です!
やはり去勢の最大メリットは早ければ足上げをしない!と言う事でしょうか。
そして最悪のデメリットは、どんなに良い優秀な成犬に育っても、
絶対に子孫を残せない
…と言うところですね!

C「足上げ後の対処法いろいろ!」
去勢をしていない強い子や去勢をしてもかなり強い子は、6ヶ月も過ぎると、
ガンガンオシッコを飛ばしまくります!
こうなると普通のトイレでは駄目なので、工夫が必要です。

牡犬用のトイレを使用
トイレ内にポール(棒)が立っていて、それを目標と定めてオシッコを掛ければトイレは外さない。
画像













二分割に開く牡犬用のトイレを壁面と床面に90°に設置し、
その中で外さないようにさせる。

画像














最近流行ってきた周りを囲まれたガード式トイレ
慣れれば最もオシッコを外さないでしょう。
画像















サークル内でよく引っ掛ける箇所毎にトイレを置く
最初は3個4個と必要なだけ設置し、時期を見て少しずつ減らし、
最後は一番する場所にだけ残す。
どうしても室内のトイレが覚えられない子は、
第一章Dの「朝一がトイレを教える絶好のタイミング!」を活用し、
完全に外でトイレを教える。

牡は牝よりは外でするようになる子が多いですが、
時期を待っていたら1年以上もかかってしまう場合もあるので、
ハウスから朝一で(我慢している状態で)外へ散歩に連れ出し、
オシッコウンチをするまで歩かせて粘り、したらいっぱいほめる!

慣れるまでは中々しなくて時間は掛かりますが、慣れればすぐするようになるし、室内ではしなくなっていきます。
(卒業生で外でトイレをさせてるお家は結構多く、それはそれで楽だそうです。特に大型犬は)
ただ外でトイレが出来るようになっても、1日に1回2回ではなく、
最低3回〜4回(散歩兼用)・昼(トイレのみ。成長していくと我慢できる)・
夕方
(散歩兼用)・寝る直前(これは翌朝漏らさせない為に絶対必要!)

マーキングや後始末が大変なお家は、外トイレにしてみては?

*日本猿のトイレ
動物で最も賢いのは一般的には猿だと言われていますが(特にチンパンジー・ゴリラ・オランウータン等)、例えば日光猿軍団(真中校長は、僕の敬愛する動物調教師のひとり)で有名な猿回しの日本猿は、トイレは幾ら教えても覚えないそうです。本番中、舞台上、お客様の目の前で平気でします。
ご愛嬌と言えばそれまでですが、それであれば哺乳類中、猿・イルカに次いで
3番目に賢いと言われる犬なら、トイレを苦労するなんてあっても可笑しくは
ないのでしょうね。
逆に出来る子はあっという間に覚えますが、犬の知性や学習能力は
本来は猿を飛び越え、人間の次なのでは?
疑問は深まりますね。
近々、人に近い犬の深層心理の特集を組みますよ♪

D技「ハウス内行動制限型朝一トイレ成功法」
室内でも屋外でも、ハウスで夜から朝まで我慢をさられるかが、
トイレ成功の要となるのはご理解いただけたでしょうが、
どうしても朝まで我慢が出来ずお漏らししてしまう子はどうするか?

基本ハウスは寝るだけのスペース(犬が立って頭が起こせる、中で回れる事)で十分ですが、更にそれをお漏らしが直るまで、ちょっと動きずらくするのです。
噛んで悪戯されない材質(木やプラスチックは駄目。
鉄パイプ・ステンレスパイプ等が良い)の
適度な長さの棒を、犬をハウスさせたら外側から差し込みます。

そうマジックのイリュージョンで箱に人を入れ剣で刺す(実際刺しませんが)の
イメージですね。
最初は一本で十分!
たったそれだけで犬は動きずらくなりお漏らしする事なく、
朝一でトイレに出してほめてあげられるのです。
夜から朝までは寝るだけですから動きずらくても大丈夫!
我慢が出来るようになれば棒はいらないのですから。

スクールではとってもお漏らしが多い子、シャンプーをした後にお漏らしで
汚されたくない場合、またよく吠える子も、この方法で高い効果を上げているのです♪
すぐに直る子から、根気良く続けて直る子(一時的に棒を2本にしたりする事も)もいますが、裏技として是非とも試して頂きたいですね。

E「サークルのトイレから室内のトイレへの移行方法!」
理想的な室内トイレの完成形とは、先程のAの
「2才迄はサークルのトイレでさせる習慣を完全に身に付ける」こと。
するとその先部屋に出ていてもサークルに戻りちゃんと出来ます
(勿論サークルの扉は開けておく)。

でも2才前からサークルを使用しない・部屋に出てる時間が長いと、
いつまでも出来ないでしょう。

(出来る子はラッキーですが、犬が賢くきれい好きなのです)

F最後の手段、「室内全方位型トイレ矯正法!」
理想的完成形トイレがどうしても上手くいかない、或いは程遠い場合、
トイレの相談でよくアドバイスする方法を教えましょう。
広い部屋にトイレが一ヶ所では割合的に小さすぎ、
慣れなければトイレまでたどり着けず粗相となり、
その上叱り過ぎると自信を無くし、また叱られるトラウマから、
こそこそ隠れて飼い主さんの見ていない時に出来たり出来なかったり…。
本当はいい子なのにトイレをたまに失敗したからといって、
その子の性格の良い部分まで台無しにしてはいけません。

トイレの割合(面積)を広〜くとればいいのです!
部屋に出ている時は部屋全面にトイレシーツを引き積める!
どこでしてもシーツ、どこでしてもほめられる♪犬はどんどん自信を持ち、
自ら進んで近くのシーツへ行って、たいして出なくてもトイレをしようとする。
ほめられたいからですね。
時期が経つとだいたいする場所が決まって落ち着いてくる。
そしたら絶対しないトイレシーツは取ってしまいます。
部屋には全面→半分→4〜5枚→3〜4枚→(最後は)1〜2枚となります。
その残った犬がやり易い場所にトイレを設置するのです。

それまでの年令や性格や成功率を踏まえて、1週間〜1ヶ月、
出来るまで半年でも1年でも根気よく続ける事です。
たとえ1年かかろうと、残りの10年以上がトイレの心配は無しの方が、
絶対に良い筈ですよね♪

ここでポイントとなるのは、必ず飼い主さんが見ていられる時だけ
部屋に出し、目を離す時はサークルに入れ、失敗させない!こと。
ここでも普段はサークルに入っていられるしつけが出来ている事が、
鍵となるのです。


G大発明!「マナーベルトを使って見よう!」
それとどうしてもマーキングが半端でなく、自分の家なら未だしも、
他人のお家にお邪魔した時に、或いはカフェでホテルで、
何度も粗相…という訳にはいきませんよね。

知ってる人は上手に使っている、とっても役立つアイテム
「マナーベルト」を活用しましょう。要はオシッコ防止腹巻きです。
ペットシーツや、マナーベルト専用のシーツ、オムツを切り取り内側に
貼り付け、お腹に巻きます。
マーキングをしても全て吸い取ってしまうので、部屋は汚れません!

今はお洒落で可愛いデザインのものやズレないもの、
お手製のものを作る人も多く、とても便利この上ないので是非お試しを。
知らなかったという人、意外にいますよ。
ただ長時間の使用や体質的に皮膚の弱い子は、オシッコ被れや刺激・皮膚病等の注意が必要です。
つまり1日使用するものではないという事ですね。大事な時の必需品です。


さあ、いかがでしたか?
僕なりのトイレ話を網羅してみましたが、参考になりましたか?
使えるものためせるものがあれば、是非実行してみて下さい♪
トイレは一日にしてならず!頑張って下さいね♪

画像ハイジの♪学長さんの今日のお言葉♪
「よくある『留守が長くトイレを教えられない!』という相談。
毎日長時間家を空けるのならば、トイレに限らずしつけの観点から、
愛情不足で寂しい思いをさせてしまうので、よくよく犬を飼う事を考慮するべきです。
今だけではなく、
1年後2年後3年後5年後10年後…ちゃんと飼ってあげられるのかを。
その子を幸せにしてあげられるのかを。

気を付けなければいけないのは、外出が長い為、
帰宅後可愛がりすぎ・自由にしすぎ・甘やかしすぎになってしまう事
です。
そこからしつけは壊れ始め、気付いた時にはお手上げ状態…。

そこで…
『トイレのしつけは全てのしつけに於ける入り口に過ぎない!
その先にもっと大切で深い、飼い主さんと愛犬の一生に関わる、左右する、
いくつもの真のしつけが待っているのです…
自分の犬を愛する事に迷いがなければ大丈夫、あなたなら出来ますよ!」


『モニの♪もふゅもふゅスクール日記苺のせ♪
〜その8【ハイジの卒業騒動の巻】後編』

学「ハイジ、どうしたんだい?
何かあったの?みんな心配してるよ…」
H「わたくしの事はほっといてほしいデス…
わたくしの事は忘れてほしいデス…ハイ…」
M「ハイジさん…忘れようにも思い出せないモン♪」
J「モニ、お前バカボンのパパか!」
Z「ウホッ、ハイジはっきり言ってほしいなぁ〜
ちぐはぐな友じゃないかぁ〜」
J「オッサン、竹馬だよ…」
H「では言うデス…。わたくしは…わたくしは…わたくしは…
サカタドッグスクールを卒業しますデス、ハイ!」
学JMZ「え〜っ!?」
J「ハイジオバサン…」
Z「ウヒャッ、ハイジ…」
M「ハイジさん…」
学「ハイジ、僕は全然聞いてないよ…飼い主さんからも…」
H「だって…だって…だって
不動のセンターでエースで4番で人気投票第一位は、
惜しまれつつ卒業しなければいけないんデス、ハイ!!」
学JMZ「…ハァアアアアア!?」
J「センターとかねえし…」
Z「ウホッ、エースだって?初めて聞いたよ〜」
M「野球じゃないモン…」
学「サカタドッグスクール開校21年、
人気投票なんかした事ないんだけど…」
H「どうかわたくしハイジ…いえマエアツの事は嫌いになっても…
AKP511の事は嫌いにならないで下さいデス、ハイ!」
J「ハイジオバサン…AKP511に入れてないんだけど…」
Z「ウホッ、マエアツって…前田武彦と渥美清の事?」
M「どっちも死んでるモン!AKBの前田敦子の事だモン!」
学「ハイジ…落ち着いて聞いてよ…
君は…君は…君は脳に虫が涌いてるんだよ!」
H「そんな事…そんな事………ないデス!!!
…ハッ!?あれっ?わたくし寝てたデスカ?運動場にいるデス…」
学「ハイジ、ほら後輩みんなが待ってるよ!
早く君の18番、縄跳びを披露してあげてよ♪」
M「ハイジさん〜かっこいいモン♪」
H「(夢だったデス…)
ハハハハハ♪分かったデス、今見せるデス、可愛い後輩諸君!
見るデス、取って置きのスキッピングロープ2012スカイツリーバージョンを〜!
(やっぱりわたくしがサカタドッグスクールの心のセンター[中心]デス…ハイ♪)」【完】

次回は…
「チワワのようでチワワでない?…ちっちゃい体で個性派揃い!
来てます来てます♪チワワのMix犬特集!」
だモン!
見てみてモン♪

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ザ・トイレ〜第二章〜なぜ男の子は足を上げる?牡犬のトイレを考える! 今日のサカタドッグスクール/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる